離婚の前にしておきたい準備について解説するサイトです。


慰謝料請求と財産分与


浮気に気づき離婚を考える時には、慰謝料請求と財産分与について考えなくてはいけません。

浮気をされた場合、浮気の清算をさせて元の生活に戻る選択肢と、浮気は許せないので、慰謝料や財産分与を請求して離婚をする選択肢があります。

当然のことですが、浮気は離婚原因になります。浮気をされることで受けた「精神的苦痛に対して慰謝料請求」をすることができ、この慰謝料請求は、浮気相手にも請求することができます。
また結婚年数が長ければ、財産分与もあることを忘れてはいけません。財産分与は、専業主婦であっても結婚してから共に財産を築いたわけですから、寄与した相当額を請求できます。

一般的なサラリーマン家庭で浮気が原因で離婚した場合、慰謝料と財産分与、合わせて200万〜500万が相当な額とされています。
慰謝料請求や財産分与で折り合いがつかない場合どうすればいいのでしょう。
基本的に夫婦間慰謝料や財産分与の話し合いはなされますが、折り合いがつかない場合は、家庭裁判所に調停で話し合いとなります。