離婚直前の生活の準備


離婚直前の生活スタイル

離婚をするにしても、決断を出すまでの期間は半年から一年と考える人が多いなか、決断を行い、離婚届を提出するまでの短い時間の生活に不安を持つ人も少なくないのではないでしょうか。

離婚直前の生活スタイルには3つの方法があると思います。離婚成立まで一緒に暮らす、別居する、実家または友人のところにお邪魔する。この3つの方法がありますが、それぞれのメリットデメリットについて紹介をすると、以下のようになります。

離婚成立まで一緒に暮らす場合には、夫婦の関係がギクシャクとしたものになってしまいます。また、口論や暴力といった余計な不安も抱えてしまう可能性もあります。しかし、まだ家に残ることが出来るので、今後の準備を十分に行うことが出来ますし、家賃などの負担も少なくなります。

別居の場合には、今後生活をすることも考えてマンションを借りたり、仕事を始めるための準備など、今後の生活基盤を早い段階で作ることが出来ます。しかし、どこからも援助が無いので、生活が急変した場合に体力の消耗や離婚手続きと同時進行する新生活の準備とお子さんがいた場合には、育児などの負担もあります。

実家や友人の家に一時的に置いてもらうのは、家賃を一部負担をする代わりに、実家や兄弟の家、または友人に頼み力を借りることが出来ますから、離婚の準備でも相談することが出来ます。ただ長期間居る場合には相手側の負担も大きなものになるので、今後の生活をするための準備についても早めにおこなう必要があります。

離婚直前の生活スタイルで、今後の生活をどうやって送るのか、その準備が順調に出来るのか、大いに影響を与えます。生活の基盤を作るためにも、離婚を考えるときに、まずは生活のことを一番に持ってくるべきです。